元気が出るいい話総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事リンゴ
新鮮野菜の定期宅配(入会金無料・年会費無料)

超簡単もやしレシピ | 超簡単料理レシピ

『豚としめじの卵とじ』



『豚としめじの卵とじ』



<材料>2人前
○豚バラ肉・・・4枚
○しめじ・・・・1株
○全卵・・・・・1個

『A』
○塩コショウ
○だし
○味の素


<作り方>
1.サラダ油を大さじ1フライパンに入れ温めます。
2.しめじの根元を切り落としバラバラに崩したものを入れ炒めます。
3.豚バラ肉を一口サイズに切ったものを入れ炒めます。
4.『A』の調味料を入れます。
5.卵を入れさっと火を通したら完成です。


<ポイント>
1.しめじを炒めるときはあまりかき回さず、両面こんがりと焼き色がつくまでしっかり焼いて下さい。しっかり焼くことでしめじの良い香りがたち食欲をそそりますよ!
2.調味料は卵を入れる直前に入れて味付けしてください。あまり早くに入れるとしめじから水が出てしまいベタッとしてしまいます。
3.塩コショウは少し多いかな?というぐらいがおススメです。最後に卵でとじるので濃いぐらいが調度良いです♪
4.卵はあまり炒めず半熟の状態で皿に取り出すとおいしいですよ♪

これは我が家の近所に昔からある鉄板焼き屋のおばちゃんから直伝してもらったものです。
シンプルで超簡単に出来ますがとってもおいしいですよ。
酒の肴にもなりますし、私のお気に入りです♪


<食材の効能>
○しめじ
胃腸の働きを整える効果があります。
また、咳を鎮める効果もあるので、風邪の時におススメの食材です。
○豚バラ肉
ビタミンB1を多く含んでおり、疲労回復に最適です。
また、豚肉の脂はコレステロールを下げる働きがあり、カロリーも意外に低いです。
○卵
卵に含まれるレシチンが善玉コレステロールを増加させ動脈硬化を予防すると言われています。


posted by 超簡単料理 もやし料理レシピ 記録の細道 at 19:20 | Comment(0) | 豚としめじ卵とじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚のおろし方

最近では、魚をおろして内臓などもきれいに取った魚をパックにして売っている光景をよく見かけます。確かに便利ですし、手軽に魚料理を楽しむために、うれしい配慮だと思います。でも・・・本当においしい魚料理をぜひ、召し上がっていただくためのコツとして、ぜひ、一般的な魚のおろし方をマスターしていただけたらと思います。

一般的な魚のおろし方には、次のものがあります

1.「二枚下ろし」と「三枚下ろし」
2.「五枚下ろし」
3.「節おろし」
4.「大名おろし」
5.「手開き」


各おろし方のコツ
全体にいえる基礎的なコツとは、魚をおろすまな板は必ず濡らしておき、水分を拭き取っておくということです。

1.「二枚下ろし」と「三枚下ろし」
大部分の魚に適応する一般的な下ろし方です。
「二枚下ろし」は、上身1枚と上身骨付き1枚で・・・合計2枚です。
「三枚下ろし」は、上身2枚と中骨1枚で・・・合計3枚です。
アジやタイなどに向いた下ろし方です。

2.「五枚下ろし」
ヒラメやカレイなど、身の幅の広い魚に用いる下ろし方です。中央に切り目を入れて、腹の身と背の身をすき取ります。裏側も同様にします。
身が4枚と中骨1枚で・・・合計5枚となることからこの名前があります。
五枚下ろしは、絶えず包丁を中骨に添わせ、こすり取るように引き切りにすると切り易いです。

3.「節おろし」
かつおなど。五枚下ろしの一種ですが、かつおは背びれからむなびれの硬いうろこを削り取ります。


関連リンク⇒魚料理のコツ

海の幸5品お試しセット

posted by 超簡単料理 もやし料理レシピ 記録の細道 at 09:24 | Comment(0) | 豚としめじ卵とじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。